HOME > サービス案内 > 人材育成プログラム > IE分析基礎テクニック

人材育成プログラム

IE基礎テクニック【修得】研修

IE基礎テクニック【修得】研修

対象者

≪研修期間≫
延べ5日間の集合研修:8:00〜17:00
≪対象者≫
管理者、監督者:1回の開催で、実習があるため、最大で25名程度。

研修の狙い

作業方法の改善、稼働率の向上、設備の外段取りを内段取り化、ラインバランスの獲得、多台持ちなど、目に見えるロスでも見えないロスをIE手法で定量化し、改善ストーリを踏んで改善していく分析実践力を強化する必要がある。

  • (1)現場改善に必要な分析手法を習得する
  • (2)ロスの仮説、現状分析、目標設定、改善案検討、改善実施の改善サイクルを習得する
  • (3)IE生産技術者、係長クラスの分析実践力を強化する
IE基礎テクニック習得研修のカリキュラム

IE基礎テクニック習得研修の座学と実習内容

1日目

時間

時刻

テーマ

内容

備考

1日目

午前

8:00~8:10

開講式

 

 

8:10~10:00

概論

生産性とは?(生産性向上の考え方)

1.ロスの見方

2.生産性とは

3.生産性の管理(サイクルタイム、稼働率、人員)

 

IEとは?

1.改善技術の種類

2.IEって何

 

10:00~11:00

問題とは?

 

1.問題とは

2.問題の2つのタイプ

3.与件/制約条件/問題/グチ

4.発生型問題解決の進め方

5.設定型問題解決の進め方

 

11:00~12:00

分析改善技術

工程分析

1.工程分析とは

2.工程分析に使われる記号

3.工程分析の手順

 

午後

13:00~14:00

4.工程分析事例

5.工程改善着眼

 

14:00~15:00

【実習】 工程分析

(3時間)

1.フロープロセスチャート

2.アッセンブリーチャート

貴工場での実践現場の確定・確保

15:00~16:00

3.類似工程分析

4.フローダイヤグラム

16:00~17:00

1.改善アイデアの発表

2日目

時間

時刻

テーマ

内容

備考

2日目

午前

8:00~10:00

分析改善技術

稼動分析

1.稼動分析とは

2.ワークサンプリングとは

3.ワークサンプリングの手順

4.改善の進め方(人、設備)

 

10:00~11:00

【実習】 稼動分析

(3時間)

1.作業項目設定、定義付け

2.分析計画立案(観測回数、巡回経路、分析用紙)

3.分析実施

貴工場での実践現場の確定・確保

午後

13:00~14:00

1.分析データーまとめ、改善アイデア発表

14:00~16:00

作業分析(タイムスタディ)

1.作業分析とは

2.要素作業とは

3.観測のポイント

4.代表値の決め方

 

16:00~17:00

改善の基礎

1.改善の基本ステップ

2.必要とする改善技術

3.改善技術の対象

4.現状分析技術

5.改善発想技術

 

3日目

時間

時刻

テーマ

内容

備考

3日目

午前

8:00~10:00

分析改善技術

【演習】 作業分析演習

(4時間)

1.現場のVTR分析

2.要素作業の分割

演習用VTR

の事前撮影

10:00~12:00

1.代表時間値の決定

2.改善案出し、リストアップ

3.発表

午後

13:00~15:00

連合作業分析

1.連合作業とは

2.連合作業分析とは

3.連合作業分析の目的

4.連合作業分析による改善方向

5.マシンタイム分析

 

15:00~17:00

【演習】 連合作業分析演習

(2時間)

1.現場のVTR分析

2. M-Mチャート作成

3. 4Wチャート作成

4.改善案出し、リストアップ

5.発表

演習用VTR

の事前撮影

4~5日目

時間

時刻

テーマ

内容

備考

4日目

午前

8:00~10:00

分析改善技術

段取時間分析・改善

1.段取改善の考え方・進め方

2.外段取改善の考え方

 

10:00~12:00

3.段取作業改善の検討ステップ

4.段取作業の改善ポイント

午後

13:00~17:00

【演習】 段取時間分析

(4時間)

1.現場のVTR分析

2.外段取りの抽出

3.内段取りの抽出

4.外段取りの内段取り化

5.発表

演習用VTR

の事前撮影

5日目

午前

8:00~10:00

ライン作業分析

1.ラインとは

2.ライン作業分析とは

3.ライン作業分析/改善の目的

 

10:00~12:00

4.ライン作業分析/改善のステップ

5.ライン作業分析/改善の進め方

午後

13:00~17:00

【演習】 ライン作業分析

(4時間)

1.現場のVTR分析

2.オペレションリスト

3.ピッチダイアグラム

4.ラインバランス

5.改善案出し、リストアップ

6.発表

JMACのVT

Rにて演習

関連する人材育成プログラム事例
関連する中国ビジネスコラム
実態調査から見る 『日本企業の品質競争力の源泉は何か?』
JMACが日本で実施した「品質保証実態調査」(308社から回答)の結果が2010年3月29日に報告書として発表された。この実態調査は、日本の製造業の品質保証に関する実態や直面している課題を明らかにする…
中国企業における改善活動推進のポイント
JMACが中国でのコンサルティングを通じてまとめた改善活動を成功、継続させるためのポイントについて以下に表します。
中国での改善は粘り強く、繰り返し導くことが重要
私がコンサルティングを行った中国企業での話である。彼らが「コンサルティング」に期待することは、即実行可能な改善案であって、改善アイデアや方向性などを示しても「不満げな顔つき」である。例えば電動ドライバ…
中国工場では改善は機能しない
ある企業から、中国工場に問題点が多いので、一度現場を診てもらいたいとの依頼を受け、華南に飛んだ。当地に工場を構えてから10年になるというが、未だに品質問題が多発しており、本社から指摘を受けているとの事…
関連するサービス
IEの基礎

(1)IEについて、その必要性、定義、対象領域を明確にし、その重要性を認識する。(2)職場改善の基本的なアプローチを知る。(3)IEにおいて適用される手法についてその概要を理解する。

MOST(標準時間設定技術)研修

PTS法には、いくつか種類が存在し、代表的なものにWF法、MTM法がある。MOST(Maynard Operation Sequence Technique)は、他のPTS法と比較して、簡単で経済性に…

TPM基礎研修

企業革新のツールとして、基本的なTPMの考え方を理解することを狙いとし、TPM基礎の研修として位置付ける。

生産管理と在庫削減基礎研修

モノづくりの基本である、生産管理の機能、目的、領域と生産管理業務の工程、手順を理化する。またその理解を基に、在庫の功罪やその在庫削減の考え方、手順を理解することを目的とする。

生産性改善【実践】活動

(1)現場改善に必要な分析手法を習得する(2)ロスの仮説、現状分析、目標設定、改善案検討、改善実施の改善サイクルを実践し、習得する(3)改善実施の結果として、現場の生産性向上を実現する

公開研修 日系企業の中国人社員向けビジネス研修  日系コンサルティング大手3社が共同で研修を開催

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求