HOME > サービス案内 > 人材育成プログラム > 部長研修(役割について)

人材育成プログラム

部長の役割研修

部長の役割研修

対象者

(1)研修対象:部長層
(2)1日間の集合研修
(3)使用言語は中国語とする。

研修の狙い

上級管理者は、業績(成果)と人を劇的に変化させる改革をすることが役割と位置付けする。上級管理者に求められる心構え、発想、4つの行動について理解をする。

部長の役割研修

時間

カリキュラム

内容

9:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12:00

■オリエンテーション(研修の狙い、講師紹介等)

1.経営環境の変化と対応

1)経営環境の変化

2)成功企業の7つの条件

3)マネジメントとは

2.上級管理職とは

1)上級管理職とは

2)上級管理職の役割

3)上級管理職に求められる発想と心構え

◆実習1.「マネジメントの現状認識」の相互紹介

(1)個人ワーク

(2)グループ相互紹介

(3)全体ディスカッション

◆上級管理者は、担当分野を経営する視点を持ち、革新を仕掛け、業績を激変を実現する人。

 

◆上級管理者は、部下である中級管理者を変化させ、育てる人である。

 

◆求められる発想は、全体最適、長期指向、重点化である。

 

昼食

13:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:00

3.上級管理職の行動

1)自部署の方向性を明示する

2)革新を仕掛ける

3)課長(後継者)を育成する

4)自部署の活力を高める

◆実習2.受講内容の振り返り

(1)個人ワーク

(2)グループ相互紹介

◆自部門のミッションを定義し、ビジョン・目標を描き、戦略を立案する。

 

◆事業のライフサイクルや環境の変化に対応し、維持することでなく、革新を仕掛ける。

 

◆中級管理者を育成する考え方、ポイントを理解し、支援や自己革新を促す。

 

◆自部署の活力を確かめ、引上げ、自信を持たせる。
その活力マネジメントの5つの実践を理解する。

関連する人材育成プログラム事例
第一線監督者管理力向上、中間管理職マネジメント力研修
統一的な教育実施により、第一線監督者としての役割の理解が促進された。
関連する中国ビジネスコラム
現場マネジメント、仕事の計画がいかに重要か
中国常熟市での出来事である。ある企業の工場を初めて見た時、工場全体の約70%の作業者が自分の持ち場で椅子に腰かけて休んでいたのである。休憩時間でもないし、仕事は仕掛ったままでもあり、日本ではありえない…
経営者の想いが伝わらない現場
今年の3月から生産性向上のテーマで現地の民間アパレルメーカーの支援を行っている。中国には10年前にセミナーで訪問したことはあるが、コンサルティングは始めてである。日系企業の中国工場におけるさまざまな悩…
中国での改善は粘り強く、繰り返し導くことが重要
私がコンサルティングを行った中国企業での話である。彼らが「コンサルティング」に期待することは、即実行可能な改善案であって、改善アイデアや方向性などを示しても「不満げな顔つき」である。例えば電動ドライバ…
中国工場では改善は機能しない
ある企業から、中国工場に問題点が多いので、一度現場を診てもらいたいとの依頼を受け、華南に飛んだ。当地に工場を構えてから10年になるというが、未だに品質問題が多発しており、本社から指摘を受けているとの事…
一人っ子政策,最近の若者,労務費高騰,どうなる中国!
中国では1979年に一人っ子政策がスタートした。かれこれ30年以上も前である。当時97%が農業従事者という農業国であった中国は、爆発的に増えるであろう人口を賄うために食料が不足することが大問題であった…
関連するサービス
中級マネジメント研修

本研修では、管理者の方が率先者として効果的なリーダーシップを発揮して効果を上げていくために、座学、演習を通じて、下記の両面から強化していくことを目的としている。

初級マネジメント研修

本研修では、管理者となった方が、マネジメントの重要性を理解し、将来のリーダーとなるべく、その管理者としてのマネジメント能力(知識とスキル)を身に付けることを目的とする。

行動変革を狙う管理者研修

本研修では、次の大きな飛躍に向け 管理者が現状の問題点・課題を議論し、あるべき姿を設定し、解決の方向性(テーマ)を共有化する。

課長の役割研修

中級管理者は、経営目標に関する自分の考えを持ち、人を動かし、実現することが役割と位置付ける。求められる管理者の役割を理解し、目標管理、人事評価、人材育成の推進について理解をする。

公開研修 日系企業の中国人社員向けビジネス研修  日系コンサルティング大手3社が共同で研修を開催

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求