HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > 環境経営戦略とEMS構築プログラム

コンサルティング・サービス

環境経営戦略とEMS構築プログラム

背景

単にISO14001の認証取得を目指すのではなく、認証取得後の活動に重点をおいた環境マネジメントシステム(EMS)を構築するためのコンサルティングプログラムです。
JMACの多種多様な経営課題コンサルティング実績と700社を超えるISO認証取得支援のノウハウを活用し、環境と経営の両面に役立つ環境経営戦略を立案し、それに見合ったEMSを構築します。
本プログラムは、「環境マネジメントシステム構築プログラム」と「環境経営戦略とEMSブラッシュアッププログラム」を効果的に合体させたプログラムです。

特に以下の様な悩み・課題を持つ企業に最適です。

  • ・これから取ろうとしているISO14001を経営にも役立てたい。
  • ・ISO14001をコストダウンや売上向上に役立てたい。
  • ・環境経営企業を目指したい。(その第一歩としてISO14001を取得したい)
  • ・全社一丸となった活動にしたい。
  • ・認証取得後も形骸化しない活動にしたい。
  • ・エコロジー(環境貢献)とエコノミー(経営貢献)をどう両立したらいいか分からない。
  • ・できるだけ効果的・効率的にISO14001を取得したい。
コンサルティングの視点 -Viewpoint-
環境経営戦略フェーズを活動の始めに

通常のISO14001認証取得活動の前に、「戦略期」を設定します。この中で全社を挙げて、環境経営戦略を策定します。「準備期」「運用期」「完成期」から成るISO14001取得活動では、策定された環境経営戦略を確実に推進するシンプルで動きやすい仕組みを構築し、運用してゆきます。また、JMACのノウハウを入れ込み、手間をかけさせません。

目指す姿とその道筋の明確化

環境経営企業に向けて、目指す姿とその道筋を明確にします。この時、JMACが開発した「Eco-Ecoマネジメント」の手法を活用します。

手間をかけずにEMSを構築

環境経営戦略フェーズに十分な時間をかけられるように、EMSの構築はできる限り手間をかけず、効率的に推進します。これは、JMACの700社を超えるISO認証取得支援のノウハウがあるからこそ可能になっています。

関連するコンサルティング事例
関連する中国ビジネスコラム
中国進出リスク:全社活動推進上の注意点
中国と日本では、歴史的、社会的な背景の違いや、学校教育および最終学歴の程度による身に付いているマナーなど多くの点で違いがあります。また、会社に対する就業意識、ロイヤリティーにも大きなギャップがあります…
中国人材マネジメントの10のキーワード
低い人材生産性の主な原因を、日系企業側と中国側の観点から分析した上で、中国人材のマネジメントに役立つ10のキーワードをご紹介しております。
日系企業の人事管理の長所と短所
中国人労働者を管理するにあたって注意したい、日系企業の人事管理の長所と短所のご紹介。
日本人が直面する、中国人との就業意識のギャップ
仕事の進め方のギャップ、職業観のギャップ、言語・習慣・価値観のギャップの3点から日本人が直面する、中国人との就業意識のギャップをご紹介。
経営者の想いが伝わらない現場
今年の3月から生産性向上のテーマで現地の民間アパレルメーカーの支援を行っている。中国には10年前にセミナーで訪問したことはあるが、コンサルティングは始めてである。日系企業の中国工場におけるさまざまな悩…
関連するサービス
「もったいない」の見える化手法 MFCA

生産段階の廃棄物発生量の削減は、資源生産性の向上と経済性向上を同時実現させ、モノづくり企業の社会的責任としての環境経営を大きく進展させます。その廃棄物の発生量削減を効果的に推進するための手法として、マ…

JMAC品質マネジメントシステム診断

〜認証登録のためのQMSから役に立つQMSへ〜今ではISO9001認証取得は常識化しています。QMS(品質マネジメントシステム)は、品質を切り口に顧客満足の向上を目指したマネジメントシステムであります…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求