HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > 中国人材育成の仕組みづくり

コンサルティング・サービス

人材育成の仕組みづくり

背景

経営環境が目まぐるしく変化する中、企業は事業革新に迫られています。しかし、事業革新を推し進めるあまり、多くの企業で以下のような人材育成の問題が発生しています。

  • ・業務優先で育成は後回し
  • ・中途採用(即戦力)重視で育成が軽視されがち
  • ・育成の場当たり的な取り組み
  • ・人材育成ができる人材の不足
  • ・“我流”育成による悪影響


このような問題を踏まえ、その企業の人に対する考え方を明らかにし、その上で人材育成が継続的に行われる仕組みを構築し、着実に人材育成が実行されるように実践的にご支援いたします。

コンサルティングの視点 -Viewpoint-
人材育成の「土台」

人が成長するには時間がかかります。育成には熱意に基づく根気が求められますが、忙しさに追われ育成が後回しになりがちです。また、場当たり的に育成しても受け手は習ったことを忘れたり、時には混乱をきたしたりします。人材育成に“本気“で取り組むには、ブレない考え方と人材育成が持続する仕組みが重要です。

経営や事業の方向性を踏まえて人材育成の仕組みをつくり、人材育成の「土台」を固めた上で、「実」のある人材育成の具体的施策を立案します。

人材育成の仕組み

単に一般的な人材育成理念やPDCAルールをつくっても、人材育成は進みません。人材育成の考え方は、その企業の価値観や他のマネジメントシステムと有機的に連動していることが必要です。また人事部門と事業部門の双方で人材育成のマネジメントサイクルがうまくまわる仕掛けも必要です。

企業独自の考え方を踏まえた人材育成理念づくりと、ハード、ソフトを含めた人材育成の仕組みづくりをご支援いたします。

学ぶ力

いくら育成する側が熱意を持って育成に取り組んでも、受け手である育成される側の学ぶ力がなければ、育成効果は充分に得られません。育成される側が主体的に学ぶことによって初めて成長でき、育成する側も人材育成に対して動機づけられます。

育成効果を最大化することを目指して、育成される側が教育や仕事経験から最大限の学びを得られるようにトレーニングし、一人ひとりが自律的に「学びのサイクル」をまわせるようにサポートいたします。

このプログラムの進め方 -Consulting Step -

「人材育成の仕組みづくり」「人材育成プログラムの策定」「実施・検証」の各フェーズを、貴社の状況に合わせて取り組み範囲と期間を設定し、実行いたします。

関連するコンサルティング事例
関連する中国ビジネスコラム
【FRONTLINE COLUMN】社内で知恵のロスがありませんか?
ある日系企業の管理会社で間接業務の改善、標準化の支援を通じて感じたことです。  現在の基幹システムの問題点を実務担当者の皆さんと活発な議論を交わしたときの一コマです。  「この新しいシステムは一部…
【FRONTLINE COLUMN】社員と企業との関係作り
個人は誰もが積極的な意識を持ち、自分の能力を発揮させ、成果を作り出す想いを持っている。  社員と企業はパートナーという関係にあり、社員は個人の持っている能力を発揮し企業に貢献する。この基本となるもの…
中国進出リスク:全社活動推進上の注意点
中国と日本では、歴史的、社会的な背景の違いや、学校教育および最終学歴の程度による身に付いているマナーなど多くの点で違いがあります。また、会社に対する就業意識、ロイヤリティーにも大きなギャップがあります…
中国人材マネジメントの10のキーワード
低い人材生産性の主な原因を、日系企業側と中国側の観点から分析した上で、中国人材のマネジメントに役立つ10のキーワードをご紹介しております。
日系企業の人事管理の長所と短所
中国人労働者を管理するにあたって注意したい、日系企業の人事管理の長所と短所のご紹介。
関連するサービス
HRM診断

日本能率協会コンサルティングが、日中企業における数多くのコンサルティング経験に基づいて開発したHRM診断プログラムをご紹介します。プログラムでは、中国社会や中国市場の特徴に適うHRMが行われているかど…

人事制度構築

中国では、事業のスピーディーな成長に伴い、人材マネジメントのポイントも急速に変化しています。多くの日系企業様も、あるべき人材マネジメントを実現するための人事制度の見直しが課題となっているようです。日本…

マネジメント人材アセスメント

中国市場の急激な成長に伴い、人材の現地化も早期の対応が求められています。一方で、マネジメントに登用する人材の適性を日本人が的確に判断するには困難が伴います。日本能率協会コンサルティングでは、永年の中国…

組織風土活性化プログラム

KIの標準は1年間のプログラムです。1年間の活動を通じてのチーム成長は、「自覚期 → 課題発掘期 → 課題解決期 → 融合期 → 成果確認期」の5つの段階に分けられます。チーム状態が段階を追って徐々に…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求