HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > bcp策定支援プログラム

コンサルティング・サービス

BCP(事業継続計画)策定支援プログラム

背景

近年、事業継続計画(BCP)策定の重要性が世の中に広く言われるようになり、事業継続計画の策定は、企業にとって必須のものとなりつつあります。
自然災害や爆発事故など会社における危機的状況が発生した場合に、顧客や周辺住民を始めとしたステークホルダーに迷惑をかけないための取り組みは、企業が自社の基本方針に基づき、自主的に取り組むことが期待されている活動です。
本当に実効性の高い計画を作り、定期的なトレーニングをしておくことは、いざという場合に企業が生き残れるかどうかの鍵となります。

コンサルティングの視点 -Viewpoint-
サプライチェーンに着目した重要業務の選定

BCP策定の肝となるのは、自社のサプライチェーン上のどこに競争力の源泉、ウィークポイントがあるのかを見つけ出すことです。サプライチェーン上の登場人物を整理するとともに、事業別のサプライチェーンにおける業務の評価を行い、自社にとって重要な業務を選定していくプロセスを、SCM改革の豊富な経験を持つコンサルタントがご支援します。

事業理解に基づく対策立案

BCPにおける対策立案は、様々な耐震ツールやシステムの2重化、バックアップシステム等を比較・導入したりというハウツー的なものにとどまりません。
取引先の再選定や一部工程の強化、2重化検討など、事業運営に密接した取組み策を検討していく必要もあります。生産改革や調達改革の視点など様々な観点からの最適なソリューションミックスを組み立てます。

他のマネジメントシステムと連携したBCM設計

従来の方針管理的活動や、ISO、コンプライアンス、内部統制など、現代の企業内では、様々なマネジメントシステムが整備されてます。一方でそれぞれの活動がバラバラに企画して行われていたり、連動がないまま各部門で繁忙感が出ているなどの状況も散見されます。
BCM(事業継続マネジメント)策定時には、他のマネジメントシステムと連動した仕組みの設計を考慮します。

このプログラムの進め方 -Consulting Step -

JMACでは貴社の状況や準備度合いに基づいて、貴社にあった導入ステップを設定し、推進します。必要に応じ、リスク評価データベースを保持した企業や、具体ソリューションを保有した企業と共同して推進することも可能です。

関連するコンサルティング事例
TPM&リーンシステム改革
中国の3地域の6工場で、中国人コンサルタントがTPM診断を行い、改善の方向性とマスタープランを作成し、現地の6工場でTPM活動を展開する
リーン生産改革、在庫削減
エンジン組立職場、プレス職場を対象に、一人あたりの生産性(1.2~1.3倍)、具体的には、稼働率向上、サイクルタイム短縮、正味作業時間短縮、運搬作業効率化、その結果として配置人員削減、同時に部品及び仕…
リーン生産改革
現行体制に基づく生産プロセスの改善方向のマスタープラン作り、マスタープランに基づく生産能力比2倍の実現。
全社コストダウン活動
継続的なコストダウンを行える体制とプロセスを再構築。2年間で、コストダウン20%の実現。
中国における間接/準直部門改革への取組み
日本人、中国人の垣根なく取組んだ「目標人員達成プロジェクト」は、2009年度終了時、部により差はあるものの、全社として目標の▲25%の人員削減目標を達成。
関連する中国ビジネスコラム
【FRONTLINE COLUMN】社内で知恵のロスがありませんか?
ある日系企業の管理会社で間接業務の改善、標準化の支援を通じて感じたことです。  現在の基幹システムの問題点を実務担当者の皆さんと活発な議論を交わしたときの一コマです。  「この新しいシステムは一部…
【FRONTLINE COLUMN】社員と企業との関係作り
個人は誰もが積極的な意識を持ち、自分の能力を発揮させ、成果を作り出す想いを持っている。  社員と企業はパートナーという関係にあり、社員は個人の持っている能力を発揮し企業に貢献する。この基本となるもの…
中国進出リスク:全社活動推進上の注意点
中国と日本では、歴史的、社会的な背景の違いや、学校教育および最終学歴の程度による身に付いているマナーなど多くの点で違いがあります。また、会社に対する就業意識、ロイヤリティーにも大きなギャップがあります…
中国人材マネジメントの10のキーワード
低い人材生産性の主な原因を、日系企業側と中国側の観点から分析した上で、中国人材のマネジメントに役立つ10のキーワードをご紹介しております。
日系企業の人事管理の長所と短所
中国人労働者を管理するにあたって注意したい、日系企業の人事管理の長所と短所のご紹介。
関連するサービス
BPMによるビジネスモデル/プロセス改革

JMACは、新しい成長への顧客価値を創出する戦略の実現に向け、顧客を魅了しつづける価値をつくり、提供価値の個別性と共通性を同時に実現するプロセスを追求することが、BPMの狙いだと考えます。そのために、…

本社(事業本社/グループ本社)機能の改革

2000年度の連結決算の本格導入に伴い、本社効率化を図ると共に、本社のグループ経営機能を強化し、より戦略的な本社へ転換していくことが求められています。具体的には下記のような声が上がっています。 経営ト…

シェアードサービス業務マネジメント改革

2000年の連結決算の本格導入に伴い、グループ視点からの本社改革が各社で推進され、その一貫としてシェアードサービス会社が設立されています。しかし、シェアード会社を設立した会社から、以下のような声が上が…

仕事の見える化(マニュアル化)

効率的な業務遂行、ミスのない業務遂行の実現には、業務マニュアルの整備が欠かせません。また、リスク管理やコンプライアンスの視点からも、マニュアルの重要性が増しています。しかし、業務マニュアルの整備が十分…

業務量に基づく適正要員設定

3月は特に忙しい、あるいは月末月初は非常に忙しい等、ほぼ全ての企業において月や週の単位で業務量が変動していると考えられます。ところが、こうした業務量の変動に対して、有効な取組みを行っていない企業が多い…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求