HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > bcpにおけるサプライチェーン強化

コンサルティング・サービス

サプライチェーン強化(再編、指導)プログラム

背景

調達の共通課題は、開発〜生産〜販売〜回収のトータルプロセスを対象に、 原材料・部品、副資材、設備、サービスパーツなどの調達品を対象とし「より良いものを、より安く、よりタイムリーに調達する」ということにあります。グローバル競争の激化、低価格化への要求が強まる中で、サプライチェーンを通じた競争力がますます問われています。品代・物流コスト・調達業務コストを含んだトータルな調達コストと調達在庫、リードタイムの最適化を図ることが重要です。
その為には、サプライチェーン強化目標を明確にした、サプライヤー再編とサプライヤー指導は各企業にとっての重要課題と思われます。JMACはより競争力のある強力なサプライチェーン構築のための「戦略的サプライヤー再編成」と「サプライヤー指導」をご支援いたします。

コンサルティングの視点 -Viewpoint-
調達方針(内外作政策、サプライヤー政策)の明確化

内外作の検討は商品企画段階へ向かって上位レベルになればなるほど、企業業績を左右する戦略的な要素が強くなります。自社のコアを明確にしたうえで、内外作を決定するための評価項目の設計とその具体的な運用をすることが重要です。そしてその考え方と運用を前提とし、調達特性毎のサプライチェーン強化政策(再編成、集約方向、指導方向)明確にすることが重要です。

サプライチェーン再編成の視点

既存サプライヤーを品質、コスト、量、納期、技術、環境などの対応力と、購入金額の面から評価し、サプライチェーンをいつまでに、どのレベルまでに引上げるかの方針と、目標を設定することが重要です。その目標達成のために、新規調達先の発掘や、既存調達先の指導、集約などのマスタープランを立案し、社内関連部門(生産技術、生産、生産管理など)や指導対象となる調達先との取組み体制を固めることが重要です。

サプライヤー指導の考え方

戦略部品・資材を扱う重点サプライヤー、また、調達実績の評価結果がA水準のサプライヤーとは、太い信頼関係のパイプで結ばれることが重要です。そのためにはバイヤー企業とサプライヤー企業双方にWin-Winのパートナーシップが欠かせません。サプライヤーの在庫、リードタイム等の競争力を高めるための双方向の体質強化目標を設定し、実践的に指導をしていくことが重要です。

このプログラムの進め方 -Consulting Step -

サプライチェーン強化(再編、指導)は、診断とサプライチェーン強化目標の設定が大変重要です。到達目標を明確化した上で、サプライチェーン強化を実施していくための各種施策(集約、開拓、指導など)を立案し、具体的な実行計画を立てます。実行段階では、進捗・実績状況が常に見える管理を行います。

関連するコンサルティング事例
TPM&リーンシステム改革
中国の3地域の6工場で、中国人コンサルタントがTPM診断を行い、改善の方向性とマスタープランを作成し、現地の6工場でTPM活動を展開する
リーン生産改革、在庫削減
エンジン組立職場、プレス職場を対象に、一人あたりの生産性(1.2~1.3倍)、具体的には、稼働率向上、サイクルタイム短縮、正味作業時間短縮、運搬作業効率化、その結果として配置人員削減、同時に部品及び仕…
リーン生産改革
現行体制に基づく生産プロセスの改善方向のマスタープラン作り、マスタープランに基づく生産能力比2倍の実現。
関連する中国ビジネスコラム
実態調査から見る 『日本企業の品質競争力の源泉は何か?』
JMACが日本で実施した「品質保証実態調査」(308社から回答)の結果が2010年3月29日に報告書として発表された。この実態調査は、日本の製造業の品質保証に関する実態や直面している課題を明らかにする…
中国企業における改善活動推進のポイント
JMACが中国でのコンサルティングを通じてまとめた改善活動を成功、継続させるためのポイントについて以下に表します。
取り組みが遅れている管理間接部門のコストダウン
人件費が高騰している中国において、日系企業は製造そのもの(直接部門)の改善やコストダウンを積極的に進めてきているが、今回は管理間接部門や補助部門を対象としたコストダウンに焦点を当ててみたい。全社員に対…
コストダウン余地の大きい購買品
日系企業はモノづくりを得意とし、付加価値を上げる製造そのもの(直接部門)の改善を着実に進め、コストダウンも行ってきた。近年は人件費の高騰が著しく自動化などによりその対応をしようとする傾向が増えている。…
中国現地企業とロジスティクス
昨年の夏、河南省にある民間冷凍食品メーカーの物流を支援する機会を得た。早速、工場に隣接する倉庫に行き、出荷の現場に立ち会い驚いた。ドックシェルターも無い炎天下の下屋で、冷凍庫から出庫された製品を人海で…
関連するサービス
開発購買

製造業の収益は、新商品企画・製品開発の正否に負うところが大きく、またこの正否は、競合他社製品との機能・性能の優劣と、その原価設計力によって左右されます。したがって、商品企画段階における、経営計画・事業…

調達コストダウンプログラム

製造原価に占める外部調達費(原材料費・部品費・外注加工費等)は、非常に大きなものとなっています。製品のコスト競争力強化を図る上で、調達コストダウンは避けて通れません。一方近年は、原材料の高騰や供給の逼…

SCM診断

中国は経済は依然と成長していますが、さらに減速していくこは明白と考えます。成長が減速した場合、かつての日本のように造れば売れる時代から、顧客が欲しい+値ごろ感があるものだけが売れることになり、コストダ…

生産方式(ものづくり)再構築支援

セル生産方式・ライン生産方式など、生産方式とは生産する製品特性とコスト・品質・納期などの要件を考慮して設計されるのが一般的です。しかしながら、多くの企業で生産方式は個々のショップごとの都合で決められて…

在庫削減・適正化システム構築支援

在庫適正化活動を進めていく上での障壁は、1.複合的要因で発生する在庫問題の整理の難しさ、2.部門最適理論の先行、3.個々実行施策が直接的に成果に現れにくいため推進力が低下する事、が挙げられ、多くの企業…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求