HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > 生販在計画・一元化システム構築支援

コンサルティング・サービス

生販在一元化システム構築支援

背景

生産部門と販売部門とが自己中心的に動いてしまうことによる弊害は、在庫や仕掛(逆の場合は、欠品、納期遅延)といった姿に変わって現れます。販売部門では欠品を恐れるあまりサービス率100%という過度な要求を行ったり、実傾向とかけ離れた予算設定、営業戦術がリンクしない売上目標の提示などが行われ、先行生産の原因を作っています。これらは結果として過剰在庫や死蔵在庫につながるだけではなく、生産部門の弱体化の一因にもなり得ます。生産部門の弱体化とは、在庫を持つことで品質問題や設備故障、段取ロスなどが「ブラックボックス化」され、結果として製造原価の高騰とコスト競争力の低下を引き起こすことを指します。そこで、販売部門と生産部門が一体となって、在庫/納期のコントロールを行う「生販在一元化システム」の構築が必要となります。

コンサルティングの視点 -Viewpoint-
生販在一元化システムとは

一元化とは、多くの組織・機構を1つの本源(ここでは思想とか目的と考える)に統一することです。すなわち生産のあり方(生産方式)、販売のあり方(販売方式)、在庫のあり方(在庫場所や種類)を情報システムでつなげ、「目的」を達成する仕組みを「生販在一元化システム」と呼んでいます。顧客ニーズや市場競争上の必要条件を生産管理システムや生産方式の設計要件に展開し、一元化システムを構築します。

生販コンセンサスによる仕組み構築

生産の都合、販売の都合のみで在庫の持ち方や管理方法を決めるのではなく、会社として、工場としての納入サービス水準を明確にした上で、共通の目標(在庫基準やサービス率)を設定することが重要です。また、各部門では、先行受注情報や販売計画に基づき、精度の高い生産指示を行うこと(販売部門)や生産リードタイムそのものを出来る限り短くすること(生産部門)など、実現の為の仕組みづくりが必要です。右記の検討ステップにより、生販のコンセンサスに基づく仕組み構築が可能となります。

生販在情報システムの高度利用

生販在一元化システムの基本は、販売計画、生産計画、在庫計画の連動にあります。業務サイクルやタイミングを同期させ、情報を滞留させることなく、鮮度の高い状態で活用することが重要となります。情報技術の発展により、低コストで高パフォーマンスの情報システム活用が出来るようになり、リアルタイムでの情報反映が可能となってきました。それらを有効に活用し、短サイクルでの計画立案、生産実績収集を行い、在庫・納期調整を行うことで、過剰在庫の未然防止、欠品時の在庫配分の適正化などに結びつけることが可能となります。

関連するコンサルティング事例
TPM&リーンシステム改革
中国の3地域の6工場で、中国人コンサルタントがTPM診断を行い、改善の方向性とマスタープランを作成し、現地の6工場でTPM活動を展開する
リーン生産改革、在庫削減
エンジン組立職場、プレス職場を対象に、一人あたりの生産性(1.2~1.3倍)、具体的には、稼働率向上、サイクルタイム短縮、正味作業時間短縮、運搬作業効率化、その結果として配置人員削減、同時に部品及び仕…
リーン生産改革
現行体制に基づく生産プロセスの改善方向のマスタープラン作り、マスタープランに基づく生産能力比2倍の実現。
関連する中国ビジネスコラム
実態調査から見る 『日本企業の品質競争力の源泉は何か?』
JMACが日本で実施した「品質保証実態調査」(308社から回答)の結果が2010年3月29日に報告書として発表された。この実態調査は、日本の製造業の品質保証に関する実態や直面している課題を明らかにする…
中国企業における改善活動推進のポイント
JMACが中国でのコンサルティングを通じてまとめた改善活動を成功、継続させるためのポイントについて以下に表します。
取り組みが遅れている管理間接部門のコストダウン
人件費が高騰している中国において、日系企業は製造そのもの(直接部門)の改善やコストダウンを積極的に進めてきているが、今回は管理間接部門や補助部門を対象としたコストダウンに焦点を当ててみたい。全社員に対…
コストダウン余地の大きい購買品
日系企業はモノづくりを得意とし、付加価値を上げる製造そのもの(直接部門)の改善を着実に進め、コストダウンも行ってきた。近年は人件費の高騰が著しく自動化などによりその対応をしようとする傾向が増えている。…
中国現地企業とロジスティクス
昨年の夏、河南省にある民間冷凍食品メーカーの物流を支援する機会を得た。早速、工場に隣接する倉庫に行き、出荷の現場に立ち会い驚いた。ドックシェルターも無い炎天下の下屋で、冷凍庫から出庫された製品を人海で…
関連するサービス
開発購買

製造業の収益は、新商品企画・製品開発の正否に負うところが大きく、またこの正否は、競合他社製品との機能・性能の優劣と、その原価設計力によって左右されます。したがって、商品企画段階における、経営計画・事業…

調達コストダウンプログラム

製造原価に占める外部調達費(原材料費・部品費・外注加工費等)は、非常に大きなものとなっています。製品のコスト競争力強化を図る上で、調達コストダウンは避けて通れません。一方近年は、原材料の高騰や供給の逼…

SCM診断

中国は経済は依然と成長していますが、さらに減速していくこは明白と考えます。成長が減速した場合、かつての日本のように造れば売れる時代から、顧客が欲しい+値ごろ感があるものだけが売れることになり、コストダ…

生産方式(ものづくり)再構築支援

セル生産方式・ライン生産方式など、生産方式とは生産する製品特性とコスト・品質・納期などの要件を考慮して設計されるのが一般的です。しかしながら、多くの企業で生産方式は個々のショップごとの都合で決められて…

在庫削減・適正化システム構築支援

在庫適正化活動を進めていく上での障壁は、1.複合的要因で発生する在庫問題の整理の難しさ、2.部門最適理論の先行、3.個々実行施策が直接的に成果に現れにくいため推進力が低下する事、が挙げられ、多くの企業…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求