HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > 中国製造業:工場の管理・間接部門生産性向上プログラム

コンサルティング・サービス

工場の管理・間接部門生産性向上プログラム

背景

企業の残業時間が増加傾向になり、残業時間増加の放置が人件費向上の要因のひとつになっています。また残業時間の割増率を25%⇒50%に引き上げる労働基準法改正案やホワイトカラー・エグゼンプションに関わる議論が活発になり、管理間接部門の生産性向上が注目されています。
工場の改善活動を進めていく中で、「製造直接部門では大きな改善成果が創出できたが、管理間接部門の改善活動が一向に進まない」、「製造現場と同じような継続的な改善活動を進めたいがやり方が分からない」といったお客さまの声から開発されたコンサルティングメソッドが『工場の管理・間接部門生産性向上プログラム』のベースとなっています。
本プログラムは、製造部門で大きな成果を創出している科学的アプローチ(IE:Industrial Engineering)を活用して、管理間接部門の業務システムを設計・改善します。

コンサルティングの視点 -Viewpoint-
効果的なデザインアプローチ手法を活用して、業務システムの再構築を進めます

業務システムを改善する手法

業務システムを改善する手法には、『リサーチアプローチ』と『デザインアプローチ』の2つの手法があります。本プログラムでは、改善効果が大きい『デザインアプローチ』を導入します。

デザインアプローチ手法の特徴

デザインアプローチ手法の特徴は、理想的な姿、ありたい姿の業務システムを設計して、実現可能な業務システムへ移行していきます。これは、現状の業務システムのロス改善や断片的な改善とは異なり、業務システム全体の抜本的設計・改善を狙いとしています。

『配置人員の適正化と残業削減』と『付加価値作業比率の向上』を優先して進めます

生産性向上の狙いとして、下記の2項目を優先して進めていきます。

第1次レベル

・INPUTの削減:配置人員の適正化と残業時間の削減
・付加価値業務比率の拡大(業務の質の改善)

第2次レベル

・OUTPUTの拡大:製造・営業部門への貢献度の向上

継続的な改善活動の仕組みづくりを行い、組織的な問題解決能力の高度化を目指します

問題解決能力の高度化

改善活動の狙いのひとつに、問題解決能力の高度化があります。この問題解決能力は、継続的な活動に伴って、学習効果が発揮され、個人から組織へ、そしてより高い能力として育成されていきます。

改善活動を継続的に進める仕組みを構築

本プログラムでは、改善活動を一過性で終わることのないように、改善活動を継続的に進める仕組みを構築していきます。例えば、第一線マネジャーのPDCA管理サイクルの習慣化、わかり難い管理間接部門の生産性の見える化、目標管理システムとのリンク等の仕組みを合わせて導入していきます。

このプログラムの進め方 -Consulting Step -

関連するコンサルティング事例
第一線監督者管理力向上、中間管理職マネジメント力研修
統一的な教育実施により、第一線監督者としての役割の理解が促進された。
TPM&リーンシステム改革
中国の3地域の6工場で、中国人コンサルタントがTPM診断を行い、改善の方向性とマスタープランを作成し、現地の6工場でTPM活動を展開する
リーン生産改革、在庫削減
エンジン組立職場、プレス職場を対象に、一人あたりの生産性(1.2~1.3倍)、具体的には、稼働率向上、サイクルタイム短縮、正味作業時間短縮、運搬作業効率化、その結果として配置人員削減、同時に部品及び仕…
リーン生産改革
現行体制に基づく生産プロセスの改善方向のマスタープラン作り、マスタープランに基づく生産能力比2倍の実現。
全社コストダウン活動
継続的なコストダウンを行える体制とプロセスを再構築。2年間で、コストダウン20%の実現。
関連する中国ビジネスコラム
【FRONTLINE COLUMN】現場に足を運んでいますか?
中国で、ある事業会社の総経理とお話しさせて頂いた時のことです。その総経理は、「管理会社が一方的に日本で決めた研修を押し付けてくる。こちらのニーズとまったくマッチしていない。本当に現場を見て決めているの…
【FRONTLINE COLUMN】コンサルタントは全ての問題を解決できるか?
     ある企業でリーン生産導入のプロジェクト支援をしていた時の話である。先方の総経理から“製品は売れているが、顧客からの入金が遅れている。この問題についてもコンサルタントであれば、改善してもらわな…
【FRONTLINE COLUMN】 技術のブラックボックスを破ろう
     ある中国民営のアパレル企業でリーン改善活動を支援した際の出来事である。ここで、最初に実施したことは、色付け工程での標準作業仕様書(SOP)の導入であった。この工程の作業内容としては、先ず、数…
実態調査から見る 『日本企業の品質競争力の源泉は何か?』
JMACが日本で実施した「品質保証実態調査」(308社から回答)の結果が2010年3月29日に報告書として発表された。この実態調査は、日本の製造業の品質保証に関する実態や直面している課題を明らかにする…
中国企業における改善活動推進のポイント
JMACが中国でのコンサルティングを通じてまとめた改善活動を成功、継続させるためのポイントについて以下に表します。
関連するサービス
生産コストダウン診断

中国では価格競争が更に熾烈となりコストダウンが急務となっています。それは輸出先の消費低迷による経済の減速、原材料、エネルギー高、人民元高、人件費の高騰、顧客からの値下げ要求など、取り巻く環境はまずます…

グローバル生産戦略

保有するモノづくりリソースの競争力価値を評価した上で、国内外の生産拠点の最適配置や、内製と外製の最適分担について、効率的な投資により実現することができ、魅力的な生産リソースとして再構築させる戦略シナリ…

モノづくり改革を実現する目標管理プログラム(TPマネジメント)

モノづくり改革を推進していく中で、トップの思いが現場に伝わらない、現場の改善が経営成果につながらない、ということをよく耳にします。これらは、「改革の総合目標と現場リーダーの目標が整合していない」、「目…

設備効率化(TPM)

メーカーでは多くの設備を使い生産を行っています。ただ、その設備が故障や小停止(チョコ停)が多いことにより、「計画通りの生産が出来ない」あるいは「段取りに時間が掛かり、なかなか多品種少量生産が出来ない」…

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)プログラム

“5Sは立派な経営哲学”と言われるように、5Sは業務の正確・的確な遂行、Q・C・Dの厳守、現場の活性化はもとより、現場の体質改善、ひいては企業革新の根幹を成すものです。また、お客様の信頼も5Sなくして…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求