HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > 組み込みソフトウェア開発・機能共通化

コンサルティング・サービス

組込みソフトウェア機能共通化

背景

昨今、組込みシステム製品における開発費は、ソフト開発費がほぼ半数を占めており、また、製品出荷後の不具合もソフト起因の不具合が半数を超えている状況です。今や製品のQCD高度化を考える上で、ソフト開発の革新は急務となっています。
その中で、開発プロセスの革新や、開発支援ツール活用による生産性の向上、レビュー/試験の自動化といった、個別プロジェクトにおけるソフト開発の効率化は進んできていますが、将来の製品展開計画を見据えた上での、ソフト機能の先行標準化、再利用化などの取り組みには、まだまだ課題が多いと感じられます。結果として、重複するソフト機能が様々な製品においてバラバラな実装形態として散在し、本来であればかけなくてもよいソフト開発工数を生み出し、品質バラツキの要因の1つにもなってしまっています。
上記問題への解決策として、将来を見据えたソフト機能の共通化に関するご支援を致します。

コンサルティングの視点 -Viewpoint-
製品展開計画を見据えた共通化の対象範囲明確化

共通化の対象範囲を狭く捉えず、今後の製品展開計画を基に、「全社→事業部門全体→製品群全体→製品全体」の順に共通部分を確認していく必要があります。
その際、非共通化による重複開発ロスを算出し、コストメリットが最大化する部分を明確化します。
また、共通化により、商品の魅力を失わないよう、製品展開計画の立案時、実装機能の価値/非価値を明確化することも必要です。
JMACでは、製品展開計画立案と、その中での共通化機能の価値/非価値明確化、コストメリット算出等のご支援を致します。

分かりやすさ・使いやすさを考慮した共通機能開発

共通機能は多くの技術者が活用するため、機能が使いづらければ、活用工数の増加や、誤認識による不具合発生の懸念が考えられます。
そのため、機能活用者を想定し、設計情報伝達方法、設計構造、コード記述方法を明確化した上で、それに則った開発を行う必要があります。
また、機能活用中に発生した問題のフィードバックや、定期的な機能改善も必要になります。
JMACでは、共通機能活用者を想定した設計伝達方法の明確化、機能・構造分析、共通機能活用状態の振り返り等のご支援を致します。

共通機能の開発・保守・運用体制の構築

製品開発担当部署に共通機能の開発や保守・運用までを任せるのは、工数的に難しいことが想定されます。また、製品開発担当部署では、共通化の対象範囲が自製品群に留まりがちになります。会社・部門全体を俯瞰しての共通化計画を立案するためには、共通化専門の部隊を確立していくことが望ましい姿です。
この問題にJMACでは、共通化機能開発・保守体制のミッション企画、スタッフと一丸となっての共通化機能を活用した開発サイクルの構築・定着化のご支援を致します。

このプログラムの進め方 -Consulting Step -

関連するコンサルティング事例
関連する中国ビジネスコラム
【FRONTLINE COLUMN】 技術のブラックボックスを破ろう
     ある中国民営のアパレル企業でリーン改善活動を支援した際の出来事である。ここで、最初に実施したことは、色付け工程での標準作業仕様書(SOP)の導入であった。この工程の作業内容としては、先ず、数…
素早く立案,改善実施は段階的に!
ある国有自動車会社傘下にある自動車部品会社のことである。中国の製造会社ではリーン生産の導入が盛んである。リーン(LEAN=贅肉のない)生産とは、在庫、時間、スペース、労働力などあらゆるムダをゼロにする…
関連するサービス
技術ロードマップ構築

技術ロードマップは下記のような狙いを持って構築されています。 ・先行開発遅れ件数低減 ・中計実現率向上 ・標準モジュール適用率向上 ・試作回数削減 ・スキルマップ向上率アップ ・研究所間コラボレーショ…

技術者マーケティング活動 「Customer Focus」

「R&Dは顧客にDelightを提案できていますか?」先読みしにくい事業環境の中で、研究開発の顧客指向が益々重要となってきています。これまでのR&Dには受身的立場での研究開発が見受けら…

コスト開発連動型原価企画

製品の市場価格は年々低下し、魅力的な新製品を投入しても業績を維持するのがやっとといった状況ではないでしょうか。商品は、機能・性能が高く、価格が低ければ、非常に高い価値をもっているといえます。そのため製…

VRP(Variety Reduction Program)

近年、多くの商品はライフサイクルで見ると成熟化の段階に来ています。成熟化段階の特徴の一つは多品種化です。また国内だけでは成長は望めず、グローバル展開は各社必須のものとなり、これがさらなる多品種化に拍車…

コストハーフ(コスト1/2計画)

近年、商品サイクルの短縮化に伴い、商品開発のスピードアップが求められています。その弊害で品質問題が頻発しており、また、コスト問題への対応についても後手にまわっている企業が多いように思われます。コスト目…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求