HOME > サービス案内 > 経営戦略/事業戦略 > 企業コスト削減:コスト開発連動型原価企画

コンサルティング・サービス

コスト開発連動型原価企画

背景

製品の市場価格は年々低下し、魅力的な新製品を投入しても業績を維持するのがやっとといった状況ではないでしょうか。
商品は、機能・性能が高く、価格が低ければ、非常に高い価値をもっているといえます。そのため製品開発では、機能・性能とコストを高度に両立させることが求められます。商品開発の現場では、機能・性能の目標は最優先の必達目標ですが、コスト目標については限界感が先にたち、優先度が低くなっている可能性があります。また、購買部門、製造部門との連携が弱くなっていたり、現場を知らない、コストを知らない開発者が増えていることもあり、コストのつくり込み力が弱体化している企業が増えています。
「コストは下げるものではなく、目標に向って開発していくもの」です。このためには、機能・性能を高める技術開発と同時に、目標コスト達成のための技術開発を関連部門とともに進めることが重要です。原価企画活動とは、商品開発プロセスの中に、コスト開発活動を効果的に融合し根づかせてゆく活動です。

コンサルティングの視点 -Viewpoint-
源流化・部門連携・見える化

開発期間の短縮化、技術変革スピードの高速化、調達技術の高度化、物流の複雑化などの要因により、従来から実施してきた各部門単独・都度対応のコスト低減活動には限界がでてきました。コスト開発連動型原価企画では、製品開発における目標原価を達成するために、次のような視点から原価企画のあり方を根本的に見直し、効果的なコスト開発を推進します。

  • 『源流化』:製品開発に先行した技術開発で、コストのブレークスルーを達成する
  • 『部門連携』:目標原価実現のために、関連部門の連携でシナジーを発揮する
  • 『見える化』:必要情報を共有化し、効果的なマネジメントを実行する
原価企画マネジメントと原価企画インフラ強化

コスト開発連動型原価企画では、2つの側面について、機能強化・推進支援を行います。

原価企画マネジメント

商品開発プロジェクトの推進にあたって、プロジェクトマネージャー(またはコストに関する責任者)の原価企画実行の水準を向上します。

原価企画インフラト

原価企画マネジメントの実行水準を高めるためのツールの整備・人材育成の推進とともに、各部門のコスト開発力強化の取組み水準を向上します。

このプログラムの進め方 -Consulting Step -

関連するコンサルティング事例
関連する中国ビジネスコラム
【FRONTLINE COLUMN】 技術のブラックボックスを破ろう
     ある中国民営のアパレル企業でリーン改善活動を支援した際の出来事である。ここで、最初に実施したことは、色付け工程での標準作業仕様書(SOP)の導入であった。この工程の作業内容としては、先ず、数…
素早く立案,改善実施は段階的に!
ある国有自動車会社傘下にある自動車部品会社のことである。中国の製造会社ではリーン生産の導入が盛んである。リーン(LEAN=贅肉のない)生産とは、在庫、時間、スペース、労働力などあらゆるムダをゼロにする…
関連するサービス
技術ロードマップ構築

技術ロードマップは下記のような狙いを持って構築されています。 ・先行開発遅れ件数低減 ・中計実現率向上 ・標準モジュール適用率向上 ・試作回数削減 ・スキルマップ向上率アップ ・研究所間コラボレーショ…

技術者マーケティング活動 「Customer Focus」

「R&Dは顧客にDelightを提案できていますか?」先読みしにくい事業環境の中で、研究開発の顧客指向が益々重要となってきています。これまでのR&Dには受身的立場での研究開発が見受けら…

VRP(Variety Reduction Program)

近年、多くの商品はライフサイクルで見ると成熟化の段階に来ています。成熟化段階の特徴の一つは多品種化です。また国内だけでは成長は望めず、グローバル展開は各社必須のものとなり、これがさらなる多品種化に拍車…

コストハーフ(コスト1/2計画)

近年、商品サイクルの短縮化に伴い、商品開発のスピードアップが求められています。その弊害で品質問題が頻発しており、また、コスト問題への対応についても後手にまわっている企業が多いように思われます。コスト目…

技術者の企画力/先行提案力強化

研究開発のスタイルは、企業によりさまざまなパターンがあります。一般的には、“What”を企画が担当し、“How to”を技術が担当する場合が多いようです。厳しくなる顧客要求、不透明化する顧客ニーズの中…

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求