HOME > 中国ビジネスコラム > 

中国ビジネスコラム

交差点に信号機を設置する本当の意味?

JMAC中国  コンサルタント  霍平玉 (Huo PingYu)

 

 昨日、タクシーでクライアントへの訪問途中、青信号の交差点を直進しようとした際に、四人ほどの集団が信号を無視して停止線を越えて右方向から道路を横断しているのに気が付きました。運転手は間一髪で急ブレーキをかけ、雨が降っており大変危険な状況ではありましたが、何とか信号無視の横断者達の直前で停車することができました。

 

 中国では、このように信号を無視する歩行者、自転車、オートバイは後を絶たず多くの事故が発生しています。自動車については、各信号で監視カメラが設置されていますので、信号無視即罰金となりますので、比較的ルールは守られています。信号の目的は歩行者や車両の危険をさけ、スムーズな交通と安全を確保するための仕組みです。

 

 さて、信号は何の目的で設置されているのかを中国人も理解していますが、車はこちらを認識してくれている、惹かれはしないであろう、罰せられなければ規則を守らなくても実害がないということでしょうか。

 

 コンサルタントとしてクライアントと接する際、各会社には様々なプロセスやルール、制度がありますが、これらのルールを定める際に、従業員にその意味をきちんと教育しているでしょうか。ルールはつくって終わりではなく、本来の目的を達成するための運用が大変重要です。そのためには、従業員への教育、ルールの遵守度に対する測定、そして不具合に対する改善というサイクルが大変重要です。

関連する中国ビジネスコラム
【FRONTLINE COLUMN】社内で知恵のロスがありませんか?
ある日系企業の管理会社で間接業務の改善、標準化の支援を通じて感じたことです。  現在の基幹システムの問題点を実務担当者の皆さんと活発な議論を交わしたときの一コマです。  「この新しいシステムは一部…
【FRONTLINE COLUMN】現場に足を運んでいますか?
中国で、ある事業会社の総経理とお話しさせて頂いた時のことです。その総経理は、「管理会社が一方的に日本で決めた研修を押し付けてくる。こちらのニーズとまったくマッチしていない。本当に現場を見て決めているの…
【FRONTLINE COLUMN】コンサルタントは全ての問題を解決できるか?
     ある企業でリーン生産導入のプロジェクト支援をしていた時の話である。先方の総経理から“製品は売れているが、顧客からの入金が遅れている。この問題についてもコンサルタントであれば、改善してもらわな…
【FRONTLINE COLUMN】 技術のブラックボックスを破ろう
     ある中国民営のアパレル企業でリーン改善活動を支援した際の出来事である。ここで、最初に実施したことは、色付け工程での標準作業仕様書(SOP)の導入であった。この工程の作業内容としては、先ず、数…
【FRONTLINE COLUMN】コンサルタントは楽しい仕事
コンサルタントは、クライアントとのプロジェクトを通じて密度の濃い、多くの貴重な機会を得ることができ、この上ない幸せである。具体的には、1)コンサルティング技術の習得  2)コンサルティング経験の蓄積 …
関連する事例
第一線監督者管理力向上、中間管理職マネジメント力研修
統一的な教育実施により、第一線監督者としての役割の理解が促進された。
TPM&リーンシステム改革
中国の3地域の6工場で、中国人コンサルタントがTPM診断を行い、改善の方向性とマスタープランを作成し、現地の6工場でTPM活動を展開する
リーン生産改革、在庫削減
エンジン組立職場、プレス職場を対象に、一人あたりの生産性(1.2~1.3倍)、具体的には、稼働率向上、サイクルタイム短縮、正味作業時間短縮、運搬作業効率化、その結果として配置人員削減、同時に部品及び仕…
リーン生産改革
現行体制に基づく生産プロセスの改善方向のマスタープラン作り、マスタープランに基づく生産能力比2倍の実現。
全社コストダウン活動
継続的なコストダウンを行える体制とプロセスを再構築。2年間で、コストダウン20%の実現。
関連するサービス
JMAC品質マネジメントシステム診断

〜認証登録のためのQMSから役に立つQMSへ〜今ではISO9001認証取得は常識化しています。QMS(品質マネジメントシステム)は、品質を切り口に顧客満足の向上を目指したマネジメントシステムであります…

環境経営戦略とEMS構築プログラム

単にISO14001の認証取得を目指すのではなく、認証取得後の活動に重点をおいた環境マネジメントシステム(EMS)を構築するためのコンサルティングプログラムです。JMACの多種多様な経営課題コンサルテ…

「もったいない」の見える化手法 MFCA

生産段階の廃棄物発生量の削減は、資源生産性の向上と経済性向上を同時実現させ、モノづくり企業の社会的責任としての環境経営を大きく進展させます。その廃棄物の発生量削減を効果的に推進するための手法として、マ…

組織風土活性化プログラム

KIの標準は1年間のプログラムです。1年間の活動を通じてのチーム成長は、「自覚期 → 課題発掘期 → 課題解決期 → 融合期 → 成果確認期」の5つの段階に分けられます。チーム状態が段階を追って徐々に…

人材育成の仕組みづくり

経営環境が目まぐるしく変化する中、企業は事業革新に迫られています。しかし、事業革新を推し進めるあまり、多くの企業で多くの人材育成の問題が発生しています。そのような問題を踏まえ、その企業の人に対する考え…

品質改善【実践】活動

(1)品質改善に必要な分析手法を習得する(2)品質ロスの把握方法、現状分析、目標設定、品質改善案検討、品質改善実施の改善サイクルを実践し、習得する(3)品質改善実施の結果として、現場の品質不良を削減す…

作り込み総点検【実践】研修

(1)品質を作り込む上で如何に製造条件の設定が必要か、その順守が必要かを理解する(2)実際現場で、上記を確認し、その不具合を改善し、同時に成果を得る(3)さまざまな組織の人によるチーム編成により、組織…

QC手法(7つ道具)研修

品質管理の基本を理解し、その中でQCCの位置付けを理解する。次にQCストーリーと問題解決の関係、QC7つ道具などQC的ものの見方考え方の基本を学ぶ。

初級品質管理研修

品質管理プロセス上に、初級、中級、上級の3つの品質管理研修の位置付けを示す。

品質マネジメント研修

品質管理プロセス上に、初級、中級、上級の3つの品質管理研修の位置付けを示す。

お問い合わせ・資料請求

電話でのお問い合わせ

上海事務所 平日:9:00~18:00 021-6466-5642

日本本社 平日:9:00~18:00 03-3434-0982

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

資料請求

Business Insightsのご請求